日本一の日照時間を誇る、山梨での太陽光発電

豆知識として、日本一の日照時間を誇っている県は、どこだか知っているでしょうか。
かつては、香川県であったようですが、現在は山梨となっています。
気候も独特で、多くの農産物で日本一の収穫量を誇っており、非常に豊かな気候に恵まれている場所と言っても過言ではないでしょう。
せっかく、それほどの場所なので、太陽光発電を考えたいですよね。
自治体のホームページを見ても、長い日照時間である気候を利用してみたいな一文が書いてありますし、もちろん、国とは別の補助金事業も展開してくれていますからね。
最近は、地方の食べ物や風習を紹介するテレビ番組が高視聴率を誇っていたり、ご当地のグルメを発表するイベントが大盛況だったりして、自身の暮らしている場所の秀でた部分を誇ることが出来るという環境になっています。
そんな中で、山梨の人が、ただ単純に日照時間が長いと言っているよりも、それを利用していますという会話をしたほうが、絶対にカッコいいし、より、他県の人に誇れるんじゃないかと思いますね。
だって、ただ日照時間が長いですよでは、ああそうですかで終わってしまいます。
優れた自然環境も、農産物の収穫高といった形で、数字として現れているから評価されるのであって、そのように利用していなければ、やっぱり、ああそうですかで終わってしまいます。
そう考えると、太陽光発電を利用して、自分が豊かになったり、環境に配慮する事で、山梨県民としてより他県の人に尊敬されるでしょう。