太陽エネルギーを吸収しやすい場所でエコ生活

山梨市は、日照時間がとても長く、太陽エネルギーを吸収しやすい土地ともいえるでしょう。
籠坂峠で山梨県に入る手前の坂では、太陽光発電のパネルが多く貼られていて、
自然エネルギーを活用している様子がうかがえます。
太陽光パネルを道路脇の山沿いの斜面に貼っている様子は、とても壮観です。
この土地でも、太陽光発電の推進をしています。
今、自然環境は深刻な問題になっています。
都心から離れれば、自然豊かな街では余りピンとこないかもしれません。
しかし、最近では都心から近いプチ田舎の場所が土地も安いということで、
ベットタウンのような役割をし、人口が増えつつあるのです。
そして、それに伴い土地開発が進み、森林伐採をして斜面を平地にして家を建てるといったことが、多々起きてます。
このように自然が崩れていく中、環境にも大きく影響がでます。
異常気象などがその表れです。
少しでも二酸化酸素の排出を抑えるためには、生活の中から変化をもたらしていかねばならないのです。
その1つが太陽光発電なのです。
自家発電をすることで、太陽エネルギーから電気を作り、そして活用します。
昼は売電にして夜は買電にすれば、光熱費用も軽減されるでしょう。
また、蓄電機能があるのであれば、夜も使用できます。
また、万が一停電になった際も、電気が活用できます。
さらに、太陽光発電はオール電化と併用することで、さらに光熱費用も軽減され、
家計にも自然環境にも貢献できエコ生活が送れます。